Skip to content


東日本大震災:福島第1原発事故 4号機で汚染水漏れ 「建屋外流出なし」via 毎日jp

東京電力は1日、福島第1原発4号機の原子炉建屋1階で、放射性汚染水の漏れが見つかったと発表した。漏れた水の量は推定8500リットルとみられているが、建屋外への流出はないとしている。

 東電によると、1月31日午後10時半ごろ、原子炉内の水量を確認する計器の配管(直径9ミリ)が外れているのが見つかり、そこから汚染水が漏れているのが見つかった。元栓を閉めた結果、漏れは収まった。汚染水の放射性物質濃度は1リットル当たり3万5500ベクレルで、原子炉内の水とみられる。第1原発の復旧作業では、凍結が原因とみられる水漏れがこれまで計26件発生したが、今回の漏れについては原因は不明としている。

 また東電は1日、先月に経済産業省原子力安全・保安院へ提出した柏崎刈羽原発1、7号機の安全評価(ストレステスト)1次評価報告書について、計158カ所のミスが見つかったと発表した。いずれも単純ミスで、評価結果に影響はないという。東電は再発防止策をまとめたうえで、今後再提出する方針。【中西拓司】

東日本大震災:福島第1原発事故 4号機で汚染水漏れ 「建屋外流出なし」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.