Skip to content


原発問題をめぐる「襲撃する運動」界隈の動向――妄想で暴走する在特会 via 3羽の雀の日記

(第一パラグラフ略)

さて、「原発いらないネットワーク東村山」とやらの代表を自称する矢野穂積「市議」はまったく関心がないようですが、土曜日には全国各地で「6.11 脱原発100万人アクション」と題した一斉行動が行なわれます。6月9日夜の段階で130件以上のアクションが登録されており、かなり大規模なものになりそうです。

一方、3・11東日本大震災後、原発問題に対する「襲撃する運動」界隈の意見は大きく分かれました。よく知られているように、かつて原発推進派であった瀬戸弘幸サン*2は、

将来的には化石燃料に頼らないエネルギー政策へ転換しなければならないと思っております

日本の原子力発電にはもう未来はないと思います

などと路線転換。

続きは 原発問題をめぐる「襲撃する運動」界隈の動向――妄想で暴走する在特会

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.