『東電、甘すぎた危機対応策』 via The Wall Street Journal, Japan Online Edition

 東京電力が福島第1原子力発電所での危機対応のために配備していたのは担架1台、衛星電話1台、防護服50着――。今回起きたような事故はまったく想定されていなかったことが明らかになった。

 ウォール・ストリート・ジャーナルが確認した福島第1原発の緊急時対応策は、外部への支援要請についてもほとんど書かれておらず、地震と津波による被害を受けた今回の原発事故の対応がなぜ混乱したかがうかがわれる。

続きは『東電、甘すぎた危機対応策』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.