『知的障害の子ら200人、避難先転々 職員「もう限界」』 via asahi.com

 福島第一原発の事故に伴い、原発から5キロの所にある施設から逃れた重度の知的障害のある子どもや大人200人余りが、避難先を転々としている。いま3カ所目。付き添う職員やボランティア約50人とともに、小さな建物で限界の生活を続けている。

続きは『知的障害の子ら200人、避難先転々 職員「もう限界」』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.