Skip to content


『~原爆被爆国日本に、刻々と新たな被曝者が加わり続ける~ 「原発被曝労働」』 via イソップ通信

原発被曝労働者にとって、被曝することはそれ自体が労働の本質でありノルマですらある。原子力産業はある一定の労働者が死んでいくことを前提にして存在する。労働者の使い捨てによって成立していると言っても過言ではない。被曝労働者は生きているかぎり発病の中で無権利状態に放置され、その実態は、あたかも現代社会の恥部であるかのごとく闇の中に隠されている。
・藤田祐幸「知られざる原発被曝労働」岩波ブックレットあとがきより

◆差別の上に成り立つ原発
下請け労働なしに原発は動かない。

続きは『~原爆被爆国日本に、刻々と新たな被曝者が加わり続ける~ 「原発被曝労働」』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.