Skip to content


『東日本大震災 原子力施設集中の東海村 風評被害を警戒』 via Yahoo ニュース

 東日本大震災後、日本原子力発電東海第2原発を抱え、原子力関連施設が集中する茨城県東海村に入った。約110キロ北方では福島原発周辺の放射線量が高まり、住民不安を招いているが、村内の原発は安定した状態が続いている。1999年の核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」東海事務所で起きた臨界事故では「放射能汚染した村」という風評被害で農産物の流通などで大打撃を被った経験があるだけに、村民は放射線以上に風評への警戒心を強めている。【大久保陽一】

続きは『東日本大震災 原子力施設集中の東海村 風評被害を警戒』から。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.