Skip to content


『米国が原発推進をあらためて強調、福島原発事故は「教訓に」』 via ロイター通信

 [ワシントン 14日 ロイター] 日本の福島第1原子力発電所で相次いで事故が発生するなか、米政府は14日、国内の原子力発電を引き続き推進していく意向をあらためて示した。

 米エネルギー省のポネマン副長官はホワイトハウスで記者団に対し、政府が目指すクリーンエネルギーの発展に向け、原子力発電は非常に重要な位置を占めていると指摘。米国内の原発の安全性を確信していると強調した。

 日本での原発事故については、今後の技術改善に教訓として生かすと述べた。

 米国では現在、104基の原発が稼動しており、国内電力需要の20%をまかなっている。

続きは『米国が原発推進をあらためて強調、福島原発事故は「教訓に」』から。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Norma Field says

    Dept. of Energy Secretary Poneman tells Reuters that the US stands firm on the importance of nuclear power as a source of clean energy, that the difficulties in Japan can be a useful lesson. Wouldn’t it be more reasonable to say the situation calls for serious study along with investment in alternative energy sources?
    In Illinois, which has more nuclear plants than any other state, residents who are dependent for jobs and services on the presence of the plant seem (understandably) reluctant to pose safety questions.
    http://articles.chicagotribune.com/2011-03-14/news/ct-met-nuclear-plants-shadow-20110314_1_nuclear-power-plants-nuclear-fuel-nuclear-sites



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.