Skip to content


国連科学委議長:低線量被ばく「がん発生率に影響せず」via 毎日新聞

 

東京電力福島第1原発事故の健康影響について報告書をまとめた国連科学委員会のカールマグナス・ラーソン議長が30日、東京都内で記者会見した。長期の低線量被ばく影響を懸念する声があるが、「今ある情報をもとに判断すると、がんの発生率に影響しない」と語った。

続きは国連科学委議長:低線量被ばく「がん発生率に影響せず」

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    言葉の綾ですが、「がん発生率に影響する、というデータがない」というのが正確なのではないでしょうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.