Skip to content


離れた活断層も連動考慮 原発の想定、保安院が指示via 朝日新聞

 経済産業省原子力安全・保安院は25日、原発周辺の複数の活断層が連動して地震を起こす可能性について各電力会社に再検討を求める方針を明らかにした。これまで隣り合う活断層が5キロ以上離れていれば連動しないとみなしていたが、連動する地下構造でないか科学的な検討を求める。

続きは 離れた活断層も連動考慮 原発の想定、保安院が指示

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.