Skip to content


現行制度では子供や妊婦を被曝から守ることができない 注目の児玉龍彦東京大学教授が記者会見 via videonews.com

プレスクラブ 8月12日 児玉龍彦東京大学教授

先月の衆議院厚生労働委員会で原発事故に対する政府の対応を厳しく批判したことで注目を集めていた東京大学の児玉龍彦教授が、8月12日、記者会見を行 い、原発事故で放出された放射性物質の総量を明らかにしたうえで、子供や妊婦を守るための新たな検査・除染体制の構築が急務であると語った。
児玉氏はまた、被曝検査や除染、補償などの体制を整備するために、透明性のある専門委員会を設置する必要があると語ったほか、子供と妊婦を守るために緊急避難の規定を含む新たな法律が必要との認識を示した。

続きは児玉龍彦東京大学教授が記者会見

ビデオを見る:児玉龍彦教授

書き起こしを読む:今の除染方法では子供の健康を守れない-児玉龍彦教授 via Kaleidoscope

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.