Skip to content


いしだ壱成「芸能界と原発のタブー」を思い切って告白 フェミ男時代のデビューシングルは反原発ソングだった via シネマトゥディ

[シネマトゥデイ映画ニュース] 俳優・ミュージシャンとして活躍するかたわら、脱原発運動に積極的に参加しているアーティストのいしだ壱成が、デビュー当時に知った「芸能界と原発のタブー」を語った。3月11日に発生した東日本大震災、津波と地震、二つの災害に加え、福島県では福島第一原発が爆発。俳優の山本太郎をはじめ、芸能界でも脱原発の 声が高まっているなか、いしだは、かつて自分が向き合った、芸能界特有の“反原発への圧力”を思い出していたという。「実は、自分のデビュー曲だった “WARNING”は反原発を訴えた曲だったんです」。1994年歌手デビューしたいしだは、デビューの話を受けたとき、もともとバンドをやっており「ど うしても自分で曲を作りたい」と懇願した。「43個のend of the day」「心を溶かす黒い雨」と原発への想いをこめて歌詞を書いたデビューシングルは、「当時、原発に関心のある人はあまり多くなかったので……」という いしだの言葉通り、レコード会社も発売まで、歌詞の内容が原発に関することだとは誰もわかっていなかったという。こうして「WARNING」は無事に発売 され、宣伝のための最初のインタビューで事件が起きた。「この作品のテーマは? とライターさんに聞かれて、『原発について書きました』って言った瞬間に ものすごく変な空気になった。その場でテープを止められて、ちょっと書けないので、違うテーマってことにしてもらえませんか? って言われて……。すごく ショックでした」といしだは振り返る。当時、いしだは19歳。武田真治とともに“フェミ男”旋風を巻き起こしたアイドル的存在だった彼の発言に、周囲は騒 然とした。「原発反対って言うと圧力がかかる……」いしだは公の場で反原発の声を上げることはやめたという。

続きはいしだ壱成「芸能界と原発のタブー」を思い切って告白

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.