Skip to content


原発作業員の内部被曝、低下傾向 厚労省は線量限度引き下げ検討 via msn.産経ニュース

2011.8.11 00:14

東京電力福島第1原発の作業員の被曝(ひばく)線量問題で、5月の新規作業員のうち、外部 被曝と内部被曝をあわせた被曝線量の最高値が41・6ミリシーベルトだったことが10日、東京電力の厚生労働省への報告で分かった。被曝線量が低下してい ることから、厚労省は、現在250ミリシーベルトに引き上げられている緊急作業時の被曝線量限度の引き下げについて本格的に検討を始めた。

続きは原発作業員の内部被曝、低下傾向 厚労省は線量限度引き下げ検討

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.