Skip to content


できるぞ!エネルギーシフト 自然エネルギー革命の時代へ NPO法人環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也さん via Actio

2010年7月22日下北沢らぷらすで、「ワールドカフェとトーク『できるぞ! エネルギーシフト!!飯田さんと話そう』」が開催 された。ふろむあ~すcafeOHANA、エネルギーシフトを考えるデータバンク、トランジションタウン世田谷、Bee’sCafeの4団体共催イベン ト。ここでの飯田哲也さん(NPO法人環境エネルギー政策研究所所長)の講演を載録。

プロフィール▼いいだ・てつなり
1959年山口県生まれ。NPO法人環境エネルギー政策研究所所長、(株)日本総合研究所主任研究員、ルンド大学(スウェーデン)客員研究員。京都大学工 学部原子核工学科、東京大学大学院先端科学技術研究センター博士課程単位取得満期退学。中央環境審議会、総合資源エネルギー調査会などを歴任。主著に『北 欧のエネルギーデモクラシー』(新評論)、共著に『自然エネルギー市場』(築地書館)など。

みなさんこんにちは。昨日祝島のおばちゃんたちにお話しさせていただきました。
今日はその資料を元にしてお話させていただきます。

<加速する地球温暖化>

みなさんご存知のとおり、地球温暖化は大変重要な問題です。
今日もすごく暑くて西日本では豪雨の被害が出ていますね。
今年4月、5月は131年の観測史上最も暑かった。21世紀最初の10年の平均気温も観測史上最高、そして今年の夏の北極の氷は一番小さくなるだろうと言われています。

気候変動をはじめとする天然災害による被害は世界中で急増していますし、グリーンランドの氷床は急速に融解しており、海面上昇を加速させると懸念されています。
IPCCの3年前のレポートでは、100年後に40㎝から70㎝海面上昇するとしていましたが、昨年これを2mに上方修正しました。アル・ゴアなどは4mから6mと警告しています。

続きはできるぞ!エネルギーシフト 自然エネルギー革命の時代へ NPO法人環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也さん

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.