Skip to content


万能「血液の種」を確保せよ 原発作業員の命の綱に背向ける原子力安全・保安院 via 日経ビジネスonline

原発作業員の命の綱に背向ける原子力安全・保安院

山根 一眞
(前回『原発作業員「幹細胞採取」なぜ実施されない』から読む)

福島第一原発では、作業にあたる方々が、日本では、いや世界でも誰も経験したことのないほど危険な仕事に取り組んでくれている。

彼らの作業なしには、日本の未来は完全に失われる。しかもこの現場では、大量の被曝が起こらないよう薄氷を踏む思いの日々が続いているが、その薄氷を踏み抜かないという保証はない。

虎の門病院(東京都港区)血液内科部長の谷口修一さん。いかつい印象だが、心優しき使命感あふれる医師だ

だからこそ、作業を担当する方たちが、万が一の被曝事故に遭っても命を失わずに済むようにと、虎の門病院の谷口修一さん(血液内科部長)のチームは、福 島第一原発の現場で奮戦を続けている東京電力や関連会社の作業員たちの「自己幹細胞の事前採取」を訴えてきた。だがそれは、今も実現していない。

続きは万能「血液の種」を確保せよ 原発作業員の命の綱に背向ける原子力安全・保安院

Posted in *日本語.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.