Skip to content


玄海原発 知事「何を信じれば」 困惑 via asahi.cm

2011年07月07日

 九州電力玄海原発2、3号機の再稼働問題で、海江田万里経済産業相が6日、突然打ち出した原発の安全性評価(ストレステスト)。今月中旬をめどに最終判断する予定だった古川康知事も、「時期的なこと含めて分からなくなった」と困惑した表情で話した。
 「はしごを上る前に、ちゃんとたたいてみて良かった。本当に総理がどうお考えなのかということを確認しなければ、最終判断はできない」
 古川知事は6日昼、政府がストレステストを実施する方針を示したのを受け、そう話した。海江田経産相との会談後に「安全性の確認はクリアできた」と容認姿勢を見せる一方、原発の安全規制やエネルギー政策に責任を負うべき国のトップの真意が分からないと、言い続けてきた。今月1日には、首相の意向確認を「判断に必要な要素」と踏み込んだ。
 7日に首相官邸を訪れ、枝野幸男官房長官にこうした考えを伝えようとした矢先の出来事。実施を指示したとされる、当の菅直人首相は6日の衆院予算委で「安全性について、これまでのルールだけでは不十分」と言い切った。
 古川知事は「総理は、海江田大臣と同じだと言われたこともある。そういう発言の一方で、今日の予算委ではまったく違うことをおっしゃった。一体、何を信じたらいいのか」と、国の無責任ぶりを嘆いた。
 7月中旬をめどにしていた最終判断時期は、大幅にずれ込むことになる。首相への来県要請の結果を待って、11日に実施するかどうかを決める予定の県議会原子力安全対策等特別委。木原奉文委員長は「8日に理事会を開いて、意見を聞きたい」と話すが、理事の1人は「首相との会談が終わっていなければ、実施する意味はない」と話す。
 この日は県平和運動センターなど4団体が、2、3号機の再稼働を認めないよう要請。申し入れの場ではストレステストも話題になったが、県の担当者は「情報がない。どう考えるべきか、庁内で検討している段階だ」と応じるのが精いっぱいだった。
 東京電力福島第一原発の事故後の原子炉再稼働という難しい判断を迫られたうえに、二転三転する国の方針に振り回される県。「完全な閣内不一致。再開要請に来た経産大臣は辞表を出すべきだ」。ある幹部はそう憤った。(岩田正洋、上山崎雅泰)

玄海原発 知事「何を信じれば」 困惑

関連記事はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.