Skip to content


福島原発の「廃炉」を求める有志の会

呼びかけ

緊急署名を呼びかけます。

郡山市長の要請を積極的に受けとめ、ただちに福島原発10基の「廃炉」を決めてください。
3月19日の午後、原正夫郡山市長が「廃炉」を訴えたことを、重要な契機として生かさなければ、と思います。 もう一つは、刻々、ヒバクの恐怖が、私たち市民にも襲ってくるかもしれないとき、今までヒバクを前提として動かされていた原発に、多くの関心を寄せなければ、と思います。

ぜひぜひ、この署名を広めるために、ご協力下さい。

署名は福島原発の「廃炉」を求める有志の会からどうぞ。

Posted in *日本語.

Tagged with .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. 徳竹 恵美子 says

    友人の親戚は福島のいわきをやっとの思いで脱出したそうです。福島は裏切られたとはなしているそうです。磐城の知人の妹さんはおばあちゃんと家にのると腹をくくったそうです。でも、被爆の恐怖で避難所に食料品を取りにいくのもやっとの思いだそうです。親友の故郷福島の浪江は破滅だそうです。彼女の従兄弟は消防団で働き海に浮かぶ亡くなっている方をかき分けて息ある方を助けた光景はまるで地獄だとメールが来たそうです。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.