Skip to content


タイ副首相、原発導入断念を明言 「国民を危険にさらしたくない」

【タイ】タイのステープ副首相は16日、同国の原子力発電所導入計画に関する記者団の質問に対し、「断念した。国民を危険にさらしたくない」と明言した。また、福島第1原子力発電所の事故でタイに放射性物質が飛来する可能性はきわめて低いとして、国民に冷静な対応を求めた。日本からの輸入食品については安全確保に向け対策をとる考えを示した。

 タイは2021―2022年に出力1000メガワットの原発2基を稼働をする計画で、中国の国営原子力発電会社である中国広東核電集団(CGNPC)、日本原子力発電などと技術協力協定を結び、事業化調査を進めていた。しかし、福島第1の事故を受け、アピシット首相が推進に消極的な姿勢を示し、原発建設候補地では住民による反対運動が起きていた。

タイ副首相、原発導入断念を明言 「国民を危険にさらしたくない」

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Norma Field says

    What an admirable response–the Vice Minister of Thailand announcing that his country would not continue with a plan to have two nuclear plants go on line between 2021-22. The reason? The desire not to expose citizens to danger.

    A remarkable contrast to US leadership who cannot admit to any hesitation and therefore need to reexamine to the indispensable role of nuclear power in US energy policy.

    And Thailand is surely one of those countries that common wisdom holds as needing to, in fact, in the course of, “developing.”



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.