Skip to content


『安全神話崩壊で決着 串間住民投票見送り』 via 宮崎日日新聞

 原発の恐ろしさが分かった―。東日本大震災での福島原発事故を受け、串間市の野辺修光市長は14日、原発住民投票の「見送り」を表明。推進団体は「伝える言葉がない」と同日で推進活動を中止し、組織を解散した。

 反対団体は新たなまちづくりの方向を探るよう訴える。

 原発立地の是非をめぐり長年揺れ続けた串間。その論争に事実上の終止符を打ったのは、住民投票ではなく、「原発安全神話」の崩壊だった。

(詳細は15日付朝刊、または携帯サイトで)

『安全神話崩壊で決着 串間住民投票見送り』

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.