Daily Archives: 2020/08/29

A Message From the Most Bombed Nation on Earth via Al Jazeera

By Ian Zabarte 29 August 2020 More than 900 nuclear tests were conducted on Shoshone territory in the US. Residents still live with the consequences. ou never know what is killing you when it is done in secret. I watched … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 18 Comments

Commentary: Excelon’s nuclear hostage tactics must end via Chicago Tribune

“Nuclear Hostage Crisis: Day 2,363” Yes, that’s right. It was March 9, 2014, when Exelon announced that it would close its nuclear plants if the Illinois legislature, under House Speaker Michael Madigan’s watchful eye, did not bail them out. The … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 5 Comments

20ミリ基準の違法性を争う裁判が結審~南相馬市 via Our Planet-TV

東京電力福島第一原発事故で局地的に放射線量が高くなった「特定避難勧奨地点」の指定解除は違法だとして、福島県南相馬市の住民らが国を訴えている裁判が27日、結審した。原発事故以降、政府が定めてきた年間20ミリシーベルトという避難基準を直接問う唯一の裁判。新型コロナウィルス感染症の影響により4か月遅れの結審となった。 国を訴えているのは、福島第一原発事故で「特定避難勧奨地点」に指定された南相馬の地域住民206世帯808人。政府が2014年12月、同地域の指定を解除したことをめぐり、この取消しなどを求めて、翌年15年4月に国を提訴。一方、国は、特定避難勧奨地点の解除は「行政処分」に当たらないと争ってきた。 弁護団長の福田健二弁護士は、原発は、年間1ミリシーベルトを超える被ばくをしないという約束の下、運転が許容されてきたと指摘。「いざ原発事故が起こると、1ミリシーベルトを超える被ばくを甘受しなければならないのか。」と質した上で、裁判所に対し、20ミリシーベルト基準の違法性について、正面から判断するよう求めた。 また政府が解除の根拠とする低線量ワーキンググループの報告書は、喫煙や野菜不足など個人の選択によって減少させることの可能なものと、加害行為により強制されたリスクを比較することは不適切であると主張。国は解除による便益を説明しておらず、反論もしていないと強調した。 一方、政府が「特定避難勧奨地点」の指示解除は行政処分に当たらず、単なる情報提供であると主張していることについて、祐川友磨弁護士は「個別の住戸の特定の地点において放射線量を測定した上で、被告が設定した基準値を超える世帯について個別に地点指定を行い、同指定を受けた世帯のみに対して具体的な支援措置を実施する方法を採っていた。」と指摘。支援を打ち切りに直結する解除には公権力性があるとして、国の主張は妥当ではないと訴えた。 最後に、原告団長の菅野秀一さんが陳述し、「国の判断は間違っています。あまりにも線量が高すぎます。」「子どものいる世帯及び若い人達はほとんど戻ってきていません。65歳以上の高齢者ばかりです。あっという間に限界集落になりました。農業後継者は1人もいません。」と声を震わせた。判決は来年2月3日に言い渡される。 動画を見る。

Posted in *日本語 | Tagged , | 4 Comments

<オンライン・シンポジウム>のご案内

「放射線防護とは何か 〜ICRP勧告の歴史と福島原発事故の教訓〜」 日時: 2020年 9月13日(日) 午前10時30分~午後1時30分          会場:オンラインにて開催(参加方法は下記に記載) 国際放射線防護委員会(ICRP)は、2つの勧告関連文書(Pub.109&111)の改訂作業を進め、2019年6月に「大規模な原子力事故における人と環境の放射線防護」という改訂草案を公表した。草案はチェルノブイリ原発事故と福島原発事故に対するICRP側からの総括に基づき、今後過酷事故が生じても原子力推進の枠組みが持続できるように放射線防護概念の修正を試みたものである。本シンポジウムはこの改訂草案を批判的に吟味するとともに、ICRPに提出された300にも及ぶ草案へのパブリック・コメントから浮かび上がる市民や被害者の立場に立つ放射線防護とは何かを考えるために企画された。  なお、本シンポジウムは、新コロナウィルス感染防止のため中止となった日本科学史学会第67回年会で予定されていたシンポジウムを一部修正してオンライン開催するものである。 <シンポジウム・プログラム>                            司会  柿原 泰(東京海洋大学)      開催趣旨とネット開催の経緯         オーガナイザー  藤岡 毅(大阪経済法科大学 第一部 ICRPの批判的検討 1.イントロダクション                    柿原 泰                2.ICRPの歴史と報告書改訂草案の問題点            高橋博子(奈良大学)   3.ICRPにおける防護概念の本質は何か                       瀬川嘉之(高木学校)   4.勧告改訂草案における福島核災害の記述・取り入れの問題点   濱岡 豊(慶應義塾大学)           休息 第二部 ICRP改訂草案に対するパブリック・コメント 5.ICRPに提出されたパブリック・コメントの全体的特徴      藤岡 毅 6.市民のための放射線防護の要件とは―パブコメからみえるもの 上田昌文(市民科学研究室) 第三部 歴史家・科学者・写真家・原発被害者からのコメント   ・ノーマ・フィールド(シカゴ大名誉教授・文学)    ・山内知也(神戸大学・放射線物理)   ・林衛(富山大学・科学コミュニケーション)      ・飛田晋秀(写真家・三春町在住)  ・鴨下祐也(避難生活をまもる会)       ・福島敦子(原発賠償京都訴訟原告団共同代表)  ・森松明希子(原発賠償関西訴訟原告団代表)  全体討論 終了の挨拶 ★ オンライン・シンポジウムに参加希望の方は、こちらから登録(①氏名、②メールアドレス、③所属など)してください。        (お問い合わせ:藤岡毅 e-mail: jcf10563@nifty.com )

Posted in *日本語 | Tagged , , | 4 Comments

Moms creating change | EPA starts process of removing waste from West Lake Landfill via Channel 5

“It makes us hopeful that eventually this will be what it should have been,” said Dawn Chapman one of the women who rallied for the cleanup ST. LOUIS — A radioactive landfill in north St. Louis County has posed a … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 5 Comments