Daily Archives: 2019/06/13

Chernobyl horror has nuclear lessons for SA via Business Day

As we consider this energy option it is key to bear in mind that the manipulation following this disaster means the full scale of damage can only be guessed at By Kate Brown Powerful storms, record-breaking temperatures and rising water … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 3 Comments

川内原発1号機、来年3月停止へ テロ対策施設遅れで全国初 via KYODO

 九州電力の川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)が来年3月に運転を停止するのが確実となったことが14日、分かった。テロ対策施設「特定重大事故等対処施設」の建設が遅れ、完成が期限に間に合わないためで、特重施設の完成遅れによる原発の稼働停止は全国初となる。川内2号機も来年5月に停止し、全国で2例目になるのは確実。  原子力規制委員会は今月12日、特重施設が期限日の約1週間前までに完成していない原発については、電力会社に運転停止命令を出す方針を決めた。九電関係者は「特重施設の完成が期限に間に合わず、稼働を停止するのは確実だ」と明らかにした。 原文

Posted in *日本語 | Tagged , , | 4 Comments

Resilience in Fukushima: Contribution a Political Economy of Consent via Sage Alternatives: Global, Local, Political

By Thierry Ribault Abstract This article is a contribution to the political economy of consent based on the analysis of speeches, declarations, initiatives, and policies implemented in the name of resilience in the context of the Fukushima nuclear disaster. It … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | Leave a comment

Chernobyl writer urges Instagram tourists to ‘respect’ nuclear site via The Guardian

Man behind hit TV series among those criticising people taking inappropriate selfies The writer of the acclaimed TV series Chernobyl has called for visitors to the site of the nuclear disaster to behave “with respect”, after a number of photographs emerged on … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment

チェルノブイリに押し寄せる観光客、米テレビドラマで人気急増 via CNN.co.jp

(CNN) 世界最悪の原発事故が発生し、廃墟と化したチェルノブイリ。あれから30年たった今、テレビドラマになったことがきっかけで、世界から観光客が押し寄せている。 打ち捨てられ、朽ちて行く原発の街の光景は、数年前から観光客を引き付けるようになっていた。しかし地元の観光業者によると、米HBOのテレビドラマ「チェルノブイリ」が始まったことで、同地を訪れる観光客が急増したという。 (略) チェルノブイリはウクライナの首都キエフから約110キロ北部の都市プリピャチ近郊にある。世界一汚染された街として、案内できるのは資格を持ったガイドに限られる。 ガイド付きツアーでは、原発跡地を中心とする4000平方キロあまりの「立入禁止区域」を訪れる。20年前からチェルノブイリツアーを営むソロイーストの担当者は、「予約が35%増えた」と打ち明けた。「テレビ番組を見て予約を思い立った人が大半を占める」という。 最も人気があるのは1人あたり約99ドルの日帰り団体ツアー。2011年以来、同地の大部分が観光客に解放されたが、「機械の墓場」と呼ばれる場所などは、今も立ち入ることはできない。 それでも打ち捨てられたプリピャチの街や、原子炉の残骸を覆う巨大な石棺を300メートル離れた場所から眺められる展望台などを訪れることはできる。この原子炉跡地や、プリピャチの遊園地の観覧車は、観光客に最も人気があるという。 「チェルノブイリ」の放映が始まって以来、ソロイーストの週末のツアーに参加した観光客は100~200人に上る。放射線を不安に思う人も多いものの、「観光客が浴びる放射線の量は、大陸を横断する飛行機に乗るよりも少ない」とツアー業者は強調している。 全文はチェルノブイリに押し寄せる観光客、米テレビドラマで人気急増

Posted in *日本語 | Tagged , , | 3 Comments