Skip to content


脱原発訴える 小泉元首相が二本松で講演 via 福島民報

二本松市新エネルギー推進市民会議主催の小泉純一郎元首相講演会は二十三日、市民会館で開かれた。小泉元首相は「日本の歩むべき道」と題して、脱原発を訴えた。

同市は新エネルギーを推進し、エネルギーの地産地消を目指している。今回は「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の顧問を務める小泉元首相の講演を通じ、新エネルギーへの理解を深めてもらおうと企画した。

小泉元首相は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、国内のほぼ全ての原発が停止しても電力不足による停電は発生していないため、脱原発は可能だと強調。

続きは脱原発訴える 小泉元首相が二本松で講演

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.