Skip to content


朗読劇 俳優・中村さん、福島原発事故の背景に迫る 3月2日 名張 /三重 via 毎日新聞

「木枯(がら)し紋次郎」で知られる俳優で元参院議員の中村敦夫さんによる反原発朗読劇「線量計が鳴る」が3月2日午後6時から、名張市丸之内の市総合福祉センターで上演される。

東京電力福島第1原発で配管技師として働き、原発事故ですべてを失った男性の物語。中村さんは東京生まれだが、小、中学生時代を福島県いわき市で過ごした。その中村さんが原発事故の後、福島で何が起こったのかを見つめ、その背景に迫り、書き下ろした。

(略)

「中村敦夫朗読劇上演実行委員会」主催で、県保険医協会など後援。前売り1500円、当日券1800円。高校生以下無料。前売り券完売なら当日券は発売しない。問い合わせは実行委事務局の浜本孝江さん(090・4490・5717)。【衛藤達生】

全文は朗読劇 俳優・中村さん、福島原発事故の背景に迫る 3月2日 名張 /三重

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.