Skip to content


広島の原爆の犠牲者の骨から致死量の2倍の放射線が検出 via Pars Today

広島の原爆に関するブラジルの物理学者による最近の研究の結果、原爆の犠牲者の体から検出された放射線量は、致死量の2倍だったということが明らかになりました。

ロシア・スプートニクがモスクワから伝えたところによりますと、原爆の犠牲者の骨を調査しているブラジル人の物理学者は、新たな研究の中で、ある犠牲者が致死量のおよそ2倍の放射線を受けていたことを明らかにしました。

この犠牲者の骨は、爆心地から1キロ離れた場所で被爆した人のもので、放射線の検出にはパラマグネティックによる方法が使われました。

これに加えて、ブラジルの物理学者は、最新のデジタル技術を使用しました。

(略)

学者はまた、この問題の歴史的な影響に加えて、存命中の被爆者にも関係していると発表しました。

この研究の調整役をつとめるブラジル・サンパウロ大学の教授は、「この様な技術は、被曝した人の治療やその医薬品への支援となる」と語りました。

全文は広島の原爆の犠牲者の骨から致死量の2倍の放射線が検出

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.