Skip to content


【動画】県の原子力専門委員会に反原発グループが要請 via KTS

川内原発の安全性を検証する県の原子力専門委員会の委員2人が、九州電力などから研究費や寄付金を受け取っていた問題で、この事態を疑問視する反原発グループが18日、県に対し、委員会の運営にあたって厳しい姿勢で臨むよう要請しました。県の原子力専門委員会の委員12人のうち、座長を務める鹿児島大学宮町宏樹教授と九州大学守田幸路教授の2人は、九電やその子会社、また原発メーカーの三菱重工から研究費や寄付金を受け取っていたことが明らかになっています。この問題を疑問視する「ストップ川内原発3・11鹿児島実行委員会」のメンバーが18日、県庁を訪れ、2人の委員は中立性が疑わしいとして、県は会の運営に厳しい姿勢で臨むよう要請しました。県の原子力専門委員会は、先月28日に続いて、来月7日に2回目の会合が開かれます。三反園知事は、委員会の意見がまとまればそれを参考に年度内にも川内原発の安全性について自身の判断を示す考えです。

 

 

動画を観る。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.