Skip to content


第16回中部大学ESDシンポジウム「原発事故の生態系への影響について考える~福島とチェルノブイリの現場から~」(1月27日)via 中部大学

◇開催日:2017年1月27日(金曜日)17時10分~19時10分
◇会場:リサーチセンター2階 大会議室
◇主催:中部大学 国際ESDセンター

開催概要:
2008年より開始した中部大学ESDシンポジウムでは、これまで全学7学部より、それぞれの専門領域から、持続可能な社会づくりに向けた「学びの場」を提供していただきました。
今回のシンポジウムでは、 チェルノブイリと福島を拠点に動植物に対する放射線の影響について研究をされているサウスカロライナ大学のティモシー・ムソー教授と、放射性セシウムの生態系内の循環について研究をされている名古屋大学の竹中千里教授をお招きし、原発事故の生態系への影響について考えます。 *ムソー教授の講演は、英語発表となります(通訳あり)。

プログラム

■開会挨拶
宗宮弘明 (中部高等学術研究所 国際ESDセンター長)

■講演 (17:15~18:55)
「動植物や微生物への放射線の影響、いま明らかになっていること」
ティモシー・ムソー (サウスカロライナ大学教授/中部大学客員教授)

「森林生態系おける放射性セシウムの局在と動き」
竹中千里 (名古屋大学生命農学研究科教授)

■話題提供 (18:55~19:05)
「福島の現場に入ることのESD的な意味」
上野 薫 (中部大学応用生物学部 講師)

■閉会挨拶

【お申込み方法】
下記へメール、ファックス、または電話にて、お名前とご所属をお知らせください。
中部大学 国際ESDセンター
TEL:0568-51-4485(内線5719)
FAX:0568-51-4736
E-mail:esd@office.chubu.ac.jp

原文

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.