柏崎原発「40年でやめる根拠ない」 刈羽村長 運転期間を疑問視 via 新潟日報

 刈羽村の品田宏夫村長は21日の村議会12月定例会の一般質問で、東京電力柏崎刈羽原発の運転期間について「40年で運転をやめる科学的な根拠が示されていない。米国では60年を越えて動いている原発もある」と述べ、原子炉等規制法で原則40年と定められている原発の運転期間を疑問視する姿勢を示した。

[…]

 柏崎市の桜井雅浩市長は、柏崎刈羽原発が運転開始から40年が経過した際は廃炉にするべきだと主張している。

全文を読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.