Skip to content


<村井県政 実績と課題と>市町村 焼却処理に二の足 via 河北新報

 東京電力福島第1原発事故に伴い、放射性物質で汚染された廃棄物の処理を巡り、村井知事は国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)を下回る県内の廃棄物約3万6000トンについて、県内の自治体が所有する焼却施設で一斉処理する方針を市町村に提案した。

基準以下の廃棄物は市町村が処理を担うことになっているが、焼却灰処理や住民理解への懸念から多くの市町村が二の足を踏む。知事は「全員一緒に踏み出すか、立ち止まるかだ。ごね得は許されない」と全体責任を強調。協力を拒む動きをけん制し、手詰まり状態の打開を目指す。

続きは<村井県政 実績と課題と>市町村 焼却処理に二の足

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.