原発事業、連携も検討=不採算で継続困難-日立社長 via Jiji.com

日立製作所の東原敏昭社長は27日、東京都内で記者会見し、国内の原発事業について「いつまでも不採算な状況では成り立たない。一緒にジョイント(提携)的な方向で考える方がいい」と述べた。原発の再稼働が遅れて採算が悪化する中、他の原発メーカーとの統合も含め連携の必要性を訴えた格好だ。

国内では日立のほか、東芝、三菱重工業が原発を製造し、保守点検を担ってきた。東原社長は原発事業に関し「これで清算しますとは決して言えない」と指摘。今後も技術の継承に加え、老朽化した原発は廃炉を進める責任があり、統合などを通じて事業負担の軽減に取り組む必要があると強調した。

続きは原発事業、連携も検討=不採算で継続困難-日立社長

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.