Skip to content


使用済み核燃料税が可決 玄海原発、地元町議会 via東京新聞

九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町議会は7日、原発に貯蔵されている使用済み核燃料に課税する条例を可決した。玄海原発には約830トンの使用済み核燃料があり、1キロ当たり500円の税額で、導入されれば税収は年間4億円を上回る。町は2017年度からの導入を目指す。
 新税は、玄海1号機の廃炉による交付金約4億円の減額や固定資産税の減少を穴埋めすることが目的。町は九電と協議し、9月中旬に合意していた。総務相の同意を得て正式決定する。
[…]

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.