Skip to content


(いちからわかる!)原発ゴミを10万年間国が管理するんだって? via 朝日新聞

放射能(ほうしゃのう)レベルが高い物を深く埋(う)める。コストは未知数だ

コブク郎 原発のゴミは10万年間、管理すると国が決めたんだって?

A 廃炉(はいろ)になった原発を解体するときに出る制御棒(せいぎょぼう)などの廃棄物(はいきぶつ)は放射能(ほうしゃのう)レベルが高い。放射能が半分になログイン前の続きるまでに2万4千年もかかるプルトニウム239などを含(ふく)んでいる。健康に影響(えいきょう)を与(あた)えないレベルまで下がるのに10万年はかかるんだ。原発1基あたり100~200トンほど出る。

(略)

コ 誰(だれ)が管理するの?

A 放射能レベルが高い最初の300~400年間は電力会社放射能漏(も)れがないかチェックする。会社が倒産(とうさん)して放置されないよう、国は電力会社にお金を積み立てさせることも考えている。その後は国が引きつぎ、立ち入りや掘削(くっさく)ができないような対策をする。

コ もっと放射能レベルの高いゴミもあるの?

A 使用済みの核(かく)燃料から出る廃液(はいえき)などはさらに放射能が強い。ガラスで固めて10万年間、地下300メートルより深く埋める。処分地選びから国が関わっている。

コ 10万年は長いね。

A 数千年を超える管理が国際的な標準だ。今から10万年前というと、現人類がアフリカから世界に広がり始める前だ。10万年後、文字や言葉も変わっているかもしれない。欧米(おうべい)では、危ないゴミが埋まっている目印として石碑(せきひ)に各国の言葉や絵文字、数式などを刻むことが検討されている。

コ それでも原発を使うのは安いからだよね?

A 原発は安定して発電でき、コストが最も安いとされる。ただ、新設した原発でも稼働(かどう)できるのは最長60年。廃炉後は長い期間、廃棄物を管理しなければならず、それらも含めると本当に安いのか、正確には分からない。

全文は(いちからわかる!)原発ゴミを10万年間国が管理するんだって? 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.