Skip to content


玄海原発 運転差し止め訴訟 「次男発病に自責」 「福島」被災者、服部さん意見陳述 /佐賀 via 毎日新聞

 九州電力玄海原発(玄海町)の運転差し止めを求める「原発なくそう!九州玄海訴訟」の口頭弁論が9日、佐賀地裁(立川毅裁判長)であり、福島第1原発事故の被災者、服部浩幸さん(47)が意見陳述した。服部さんは小学5年の次男(10)が福島県の甲状腺調査でのう胞が見つかり「自責の念が続いている」と訴えた。

 服部さんは福島県二本松市でスーパーを営み、2011年の福島事故で被災した。13年に「生業を返せ、地域を返せ!福島原発訴訟」の原告団事務局長となり、8月10日の玄海訴訟第19次提訴に加わった。

 服部さんは9日の法廷で、次男にのう胞が見つかり経過観察中だが「事故直後、3人の子供たちだけでも避難させるべきだったのではないかと自責の念に駆られている」と声を詰まらせた。そして「私たちが人類最後の原発事故被害者であってほしい。福島の人間の心からの願い」と玄海原発を再稼働しないことを求めた。

 服部さんは10日午後1時半から佐賀商工ビル(佐賀市)で「『食』からみた福島第一原発事故と福島の今」と題して講演する。参加費無料。問い合わせは佐賀中央法律事務所(貝野さん)090・1078・2784。

原文はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.