Daily Archives: 2015/10/10

Devastated by man… reclaimed by nature: Amazing images reveal how the exclusion zone around Fukushima has been abandoned to become an overgrown wilderness via Daily Mail

A stunning new photo project offers unprecedented insight into the wild and desolate exclusion zone surrounding the Fukushima nuclear power plant – where tonnes of contaminated soil lie untouched and overgrown forest is engulfing hundreds of abandoned vehicles and homes. … Continue reading

Posted in *English | Tagged , | 13 Comments

Republicans launch new ad in Nevada via Washington Examiner

The National Republican Senatorial Committee unveiled a new televised ad targeting Democrat Catherine Cortez Masto, a candidate for the U.S. Senate from Nevada. The ad will begin airing in the Las Vegas and Reno media markets next week. The TV-spot … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 1 Comment

Extensive radiation study finds no internal cesium exposure in Fukushima children via The Japan Times

An extensive study of internal radiation exposure in Fukushima Prefecture children detected no radioactive cesium among the examinees, according to the results of a study published Friday. The study, the first of its kind, involved over 2,700 infants and small … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

福島第一原発ルポ「いちえふ」一旦完結、押切蓮介「HaHa」も最終回 via コミックナタリー

竜田一人「いちえふ ~福島第一原子力発電所労働記~」の「2012年~2014年編」が、本日10月8日発売のモーニング、Dモーニング45号(講談社)にて完結した。 「い ちえふ ~福島第一原子力発電所労働記~」は、福島第一原発、通称1Fの作業員として働いていた作者によるルポマンガ。2012年末に首都圏に戻り、マンガ家とし ての活動を始めた竜田だったが、2014年夏から再び作業員として1Fで働いていた。その経験もほぼマンガ化されたため、今号にて一旦完結となる。単行本 3巻は10月23日発売。 続きは福島第一原発ルポ「いちえふ」一旦完結、押切蓮介「HaHa」も最終回

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | Leave a comment

<最終処分場>連日の現地入りに住民、怒り増幅 via 河北新報

東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設問題で、環境省が宮城県内の3候補地の一つ、加美町田代岳への現地調査入りを連日仕掛けて いる。昨年10月、ことし8月の2回は2、3日で一時退散したが、再開した今月は「当面毎日来る」と積極姿勢に転じた。現地調査阻止を目指す住民や町関係 者は連日の備えを迫られ、反発を強めている。 「あなた方は仕事で来ているが、私たちは仕事も生活もなげうっている。古里を守るため、何度来られても断固反対する」 4日連続の現地入りとなった9日、持久戦の様相で反対活動を繰り広げる住民らが環境省の職員とにらみ合い、怒りをぶつけた。 町内は稲刈りが最終盤の時季。だが、現地入りのたびに駆け付け、「1日つぶされ、稲を刈れない」と憤る農家も少なくない。 (略) 9月末、調査受け入れは認める他の2候補地の佐藤勇栗原市長と浅野元・大和町長が、状況打開のため市町村長会議の開催を村井嘉浩知事に要請。「今まで何をしてきた」(佐藤市長)「時間をかければいいものではない」(村井知事)と環境省の姿勢を批判していた。 「連日の現地入り」に方針を変えたことについて、7日に就任したばかりの丸川珠代環境相は9日の記者会見で「(内閣改造前の)6日に望月義夫前大臣が指示し、私も方針を引き継いだ」と説明した。 全文は<最終処分場>連日の現地入りに住民、怒り増幅

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | Leave a comment

Nobel winning writer warned of dangers of nuclear power during Japan visit via The Asahi Shimbun

The new Nobel laureate in literature warned that even a minor natural disaster could lead to a nuclear catastrophe during her visit to Japan in 2003, according to a doctor who met the writer. Svetlana Alexievich, a journalist born in … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment