政府、調査受け入れ当面求めず 核ごみ最終処分地選定で via 神戸新聞

原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選びをめぐり、政府が候補地として適性が高い地域(科学的有望地)を提示後も、当面は対象自治体に調査の受け入れを要請しないことが27日、分かった。

放射性廃棄物への国民の不安は根強く、政府主導の選定方式に反発があることも考慮し、説明会など取り組みを続ける必要があると判断した。

続きは政府、調査受け入れ当面求めず 核ごみ最終処分地選定で

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.