Daily Archives: 2015/02/01

「鼻血は出る」と反論=「美味しんぼ」作者、単行本刊行 via 時事ドットコム

週刊「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に昨年掲載された漫画「美味(おい)しんぼ」(現在休載中)で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公が鼻血を 出す描写が批判された問題をめぐり、原作者の雁屋哲氏が近く刊行する単行本「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」(遊幻舎)で、「今の福島の環境なら鼻血は 出る」と反論していることが1日分かった。 (略) 雁屋氏は福島の農漁業の現状や第1原発周辺を取材した記録にページを割く一方、内部被ばく・低線量被ばくへの懸念も表明した。「美味しんぼ」の単行本で、表現を連載時から一部修正したことについては、バッシングを受けた実在の登場人物を守り、誤解を防ぐためと説明した。 さらに最終章では「大事なのは『土地としての福島の復興』ではなく、『福島の人たちの復興』」と強調。自身の取材に基づく見解として、住民に「自分を守るのは自分だけ。福島から逃げる勇気を持ってください」と呼び掛けている。 全文は「鼻血は出る」と反論=「美味しんぼ」作者、単行本刊行  関連記事: 「美味しんぼ」原作者が反論本出版へ via デイリースポーツ 「美味しんぼ」表現、一部修正=単行本発売-小学館 via 時事通信

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 1 Comment

Santa Clara activist works to find balance among disparate cultures via Santa Fe New Mexican

Marian Naranjo remembers too well the day her passions for truth-telling and conflict resolution were born. Naranjo was a third-grader in a school in Tooele, Utah. Men from Santa Clara Pueblo, including her father, worked for long periods at the … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , , | 1 Comment

悔しさバネに30年 手製の発電所作った女性 via dot.com

もう国や電力会社だけにはまかせておけない。将来のエネルギー供給を担う市民の取り組みを追った。 その冬の日の宝塚の空は、どこまでも晴れ渡っていた。市内の北部、中心街から車で30分ほど走った山間部にある耕作放棄地。非営利型株式会社「宝塚すみれ発電」は2012年12月、ここに手作りの太陽光発電所を完成させた。 「おもろいで。(素人でも)できるできる」 (略) その叫びには、30年余りの思いが詰まっていた。 京都精華大学の階段教室。18歳の井上さんは期待に胸を膨らませていた。大学生になって初めての授業が始まる。「自然科学概論」。教壇に立った教員の槌田劭(たかし)さんは、おもむろに蛍光灯を消した。薄暗くなった教室で槌田さんは学生に言った。 「私は原発に反対しているので、昼間に余分な電気は使いません」 槌田さんの言葉は新鮮だった。都市に潤沢な電気を供給する一方で、貧しい地方を補助金漬けにして反対派を抑え込む原発政策の実態を知り、「なんで誰も教えてくれなかったの。教科書には『原子力は夢のエネルギー』って書いてあったのに」。無知な自分に腹が立った。 1986年、チェルノブイリ原発事故が起きた。市民団体「原発の危険性を考える宝塚の会」にいた井上さんは、仲間とともに、関西電力に脱原発の申し入れを繰り返す。だが、話し合いの場で、こう言い放たれた。 「皆さん、電気がなくなると江戸時代に戻るんですよ。そんなに原発に反対ならば、代わりのエネルギーを教えてください」 再生可能エネルギーの存在は知っていたが、経済性を盾にその実現可能性を問われると、二の句が継げなかった。 全文は悔しさバネに30年 手製の発電所作った女性

Posted in *English | Tagged , , , , , , , | 2 Comments

No plan to finance SA’s nuke programme via iol news

Cape Town – Financing of South Africa’s proposed fleet of nuclear power stations – reported to cost about R1 trillion – has not been considered by the National Treasury, nor does it form part of the fiscal framework for the … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 1 Comment

きょうの潮流 [脱原発ソングサイト] via しんぶん赤旗

 ある友人が、電子メールで教えてくれました。「脱原発の歌を集めたサイトがありました。まとめてどうぞ」▼開いてみると、あるわ、あるわ。映像つき、音 声のみ、合わせて16曲。1970年代から福島第1原発の事故後まで。脱原発ソングの道筋をたどれます。1986年のチェルノブイリ事故の後、日本でも 次々と歌声がおこりました▼忌野清志郎とRCサクセション。佐野元春。ザ・ブルーハーツは「チェルノブイリ」で「丸い地球は誰のもの」と問い、南正人は 「原発小唄」で警告しました。「日本は政治を変えなけりゃ生きて地獄を見るだけさ」▼そして、地獄をみるような福島の事故が起こりました。本欄でも4月に 紹介した斉藤和義「ずっとウソだった」や、歌手不明の「東電に入ろう」が話題の的です。ランキンタクシー「誰にも見えない 匂(にお)いもない」は、「放 射能エライ 誰も差別しない」と、皮肉たっぷり▼“アイドルの王道を行く”という少女グループ、制服向上委員会も負けません。黄色い声で、原発を推進した 人たちをからかいます。「みんなに迷惑かけちゃって/未熟な大人(おとな)で恥ずかしいよね」(「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」)▼16曲の中に、アメリカ の歌も3曲あります。 続きはきょうの潮流 [脱原発ソングサイト]  サイトは原子力発電から脱却することを主張するプロテストソング集

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | 1 Comment