Skip to content


きょうの潮流 [脱原発ソングサイト] via しんぶん赤旗

 ある友人が、電子メールで教えてくれました。「脱原発の歌を集めたサイトがありました。まとめてどうぞ」▼開いてみると、あるわ、あるわ。映像つき、音 声のみ、合わせて16曲。1970年代から福島第1原発の事故後まで。脱原発ソングの道筋をたどれます。1986年のチェルノブイリ事故の後、日本でも 次々と歌声がおこりました▼忌野清志郎とRCサクセション。佐野元春。ザ・ブルーハーツは「チェルノブイリ」で「丸い地球は誰のもの」と問い、南正人は 「原発小唄」で警告しました。「日本は政治を変えなけりゃ生きて地獄を見るだけさ」▼そして、地獄をみるような福島の事故が起こりました。本欄でも4月に 紹介した斉藤和義「ずっとウソだった」や、歌手不明の「東電に入ろう」が話題の的です。ランキンタクシー「誰にも見えない 匂(にお)いもない」は、「放 射能エライ 誰も差別しない」と、皮肉たっぷり▼“アイドルの王道を行く”という少女グループ、制服向上委員会も負けません。黄色い声で、原発を推進した 人たちをからかいます。「みんなに迷惑かけちゃって/未熟な大人(おとな)で恥ずかしいよね」(「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」)▼16曲の中に、アメリカ の歌も3曲あります。

続きはきょうの潮流 [脱原発ソングサイト] 

サイトは原子力発電から脱却することを主張するプロテストソング集

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.