放射能汚染土を不法投棄か 公園内2カ所で高線量 東松山via 東京新聞

東松山市の岩鼻運動公園内で三日午後、空間放射線量を測定していた市民グループが数値の異常に高い場所が二カ所あるのを見つけ、公園を管理する東松山文化まちづくり公社に通報した。同公社で測定したところ一カ所で一・五一五マイクロシーベルト(地上五センチ)、もう一カ所で〇・三五六マイクロシーベルト(同)を計測した。公園の他の場所は〇・〇五マイクロシーベルト前後で、高い箇所は約三十倍だった。 (中里宏)
 市みどり公園課と公社は三日から四日にかけて、二カ所の表土を取り除き、公園内の通路から離れた場所に埋設処分した。土の一部は民間機関に分析を依頼した。
 市や市民グループは四日、何者かが放射能に汚染された土を不法投棄した可能性が高いとして東松山署に通報。同署は廃棄物処理法違反容疑で捜査を始めた。

もっと読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

1 Response to 放射能汚染土を不法投棄か 公園内2カ所で高線量 東松山via 東京新聞

  1. norma field says:

    福島以後、こうしたことがらも注意を惹くようになったのでしょうが、以前からよくあった不法行為ではないかと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.