Daily Archives: 2014/07/31

Indict Tepco execs over disaster: judicial panel via The Japan Times

An judicial panel of citizens said Thursday it has decided that three former executives of Tokyo Electric Power Co. merit indictment over the 2011 nuclear disaster at the Fukushima No. 1 power plant. The 11-member Tokyo No. 5 Committee for … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | 4 Comments

Experts question Fukushima thyroid screening via The Japan Times

More than three years after the triple core meltdown in Fukushima Prefecture devastated the lives of thousands of residents, the effect that the radiation release is having on children’s thyroid glands still weighs heavily on residents’ minds. The iodine-131 released … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | 3 Comments

小泉元首相「国の責任が曖昧」 原発再稼働で政権批判 via 朝日新聞

小泉純一郎元首相が31日、安倍政権が進める原発の再稼働について「原子力規制委員長が審査には合格したが、安全とは申し上げられないと言っている。どこに本当の責任があるかがあやふやで、国の責任が曖昧(あいまい)だ」と批判した。都内で記者団に語った。 (略) 小泉氏は規制委任せの政権の姿勢について「政治が責任を取らなくてはいけない」と強調。原発の今後については「諦めるしかない。必ず(原発ゼロに)なる。時間の問題だ。政治が原発を導入したんだから、政治がゼロにする」と語った。 全文は小泉元首相「国の責任が曖昧」 原発再稼働で政権批判

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 1 Comment

福島の苦悩 インドも 第一と同型 タラプール 元原発技官が映画化 via 東京新聞

 福島第一原発と同じ型では世界で最も古いインドのタラプール原発。その地元の村で暮らす人々の健康被害や貧困を描いた短編映画「ハイ・パワー 大 いなる力」が八月一、二日、東京都内で上映される。来日した元原子力エンジニアのプラディープ・インドゥルカー監督(50)は「フクシマを経験した日本の 皆さんに、現実を知ってもらいたい」と訴える。 (原尚子)  「国はわれわれをだました。仕事をやる、施設を造ると言ったのに、何も実現していない」。村の女性が険しい顔で訴える。一九六四年の建設当時、原発は「大いなる力」と熱狂的に迎えられた。しかし今、村人たちはカメラに向かって不満をぶちまける。  「約束のインフラが整備されなかった」「村では不漁や不作が続く」「がんや流産も増加している」。インドゥルカー監督は「メディアは沈黙し、インターネット環境も整わない村では(放射線測定器の)ガイガーカウンターも知らない」と嘆く。 (略)  タラプール原発は、インド西部の大都市ムンバイから北へ約百キロの村に建設された。1、2号機は福島第一原発と同じ米ゼネラル・エレクトリック社製で、同じ型では世界最古。インドにある原発の中でも最も古く、現在も使われている。  監督は八三年から十二年間、インド最大の原子力研究機関「バーバ原子力研究センター」に勤務した。アレルギー症状や神経痛などを感じて退職。体調 不良や仲間の自殺などが重なり、二〇〇九年から反原発運動に関わる。タラプール村には〇九年末から通い始め、一〇年十二月から三カ月ほどかけて撮影したと いう。  安倍政権はインドへの原発輸出に向け、日印原子力協定の締結を目指している。インドゥルカー監督は「それが意味することを考え、世界的な反核の動きにつなげたい」と話している。  映画は二十七分。八月一日午後二時から渋谷区の津田塾大千駄ケ谷キャンパスと、二日午後五時から台東区谷中三の一七の一一の「谷中の家」で。津田 塾大は五百円。谷中の家は申し込みが必要で上映とトークが千円、交流会が五百円。問い合わせは萩谷海さん=電090(4026)5974=へ。 全文は福島の苦悩 インドも 第一と同型 タラプール 元原発技官が映画化

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , , | 1 Comment

France to boost renewable energy, reduce nuclear via RFI

France is to invest up to 10 billion euros to boost investment in renewable energy and cut the country’s oil and gas costs. On Wednesday French Environment and Energy Minister Ségolène Royal presented a long-delayed energy bill to the weekly … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 1 Comment

検察審査会:福島原発告訴団が「市民常識にかなった決定」via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故を巡り、東京第5検察審査会が31日、業務上過失致死傷の疑いなどで告発され、東京地検が不起訴とした東京電力の勝俣恒久元会長 (74)ら元東電幹部3人について、「起訴相当」とした議決。「市民の常識にかなった決定で、感動的な内容。よくぞここまで踏み込んでくれた」。審査を申 し立てた「福島原発告訴団」の河合弘之弁護士は31日、東京・霞が関で会見し、議決内容を持ち上げた。 (略) ある検察幹部は「審査会は通常想定される予見可能性だけではなく、最悪のケースを想定した対策を講じる義務があると判断したのだろう。再捜査するしかないが、想定外の津波の予見可能性を認めるのはやはり難しいと感じる」と語った。 中原亮一東京地検次席検事は「審査会の議決内容を十分に検討し、適切に対応したい」とコメント。東電は「議決へのコメントは差し控えるが、要請があれば捜査に真摯(しんし)に対応します」としている。 「福島原発告訴団」の武藤類子団長(60)は「起訴相当の議決が全員でないのは残念だが、原発事故は予測できたはずで、3人については妥当だ。市民の代表の検察審査会が決めたことは意義がある」と話した。【山下俊輔、近松仁太郎、石山絵歩、深津誠】 全文は検察審査会:福島原発告訴団が「市民常識にかなった決定」 当サイト既出関連記事: 【速報】 検察審査会、「起訴相当」の議決! via 福島原発告訴団 「東電旧経営陣 起訴すべき」検察審査会 via NHK

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | 1 Comment

Court rules against Barnwell nuclear waste dump via The State

[…] In a sharp rebuke to state regulators, the S.C. Court of Appeals said it wants a plan within 90 days on how the landfill’s operator and the state’s environmental department will begin following rules to limit radioactive pollution after … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | 1 Comment

環境省:除染目安の空間線量を緩和 via 毎日新聞

環境省は、 東京電力福島第1原発事故による追加被ばく線量を年間1ミリシーベルト以下に抑えるための除染の目安を見直すことを決めた。これまで掲げてきた推計の空間 線量「毎時0.23マイクロシーベルト」に代わり、実測値に即した「毎時0.3〜0.6マイクロシーベルト」とする。除染作業の効率化が期待される一方 で、従来の目安を「安全基準」と受け止めてきた住民の戸惑いも予想される。 (略) 環境省は 2011年、除染を行う地域を指定する際、「1日のうち屋外で8時間、屋内で16時間過ごす」「家屋(木造)の遮蔽(しゃへい)効果で屋内の線量は屋外の 0.4倍」を想定。「長期目標である年間追加被ばく線量1ミリシーベルトを空間線量に換算すると毎時0.23マイクロシーベルトに相当する」との目安を示 した。 これに従い、福島市や郡山市などの自治体は、汚染土をはぎ取るなどして空間線量を毎時0.23マイクロ シーベルト以下に減らす目標を計画に掲げた。しかし、低線量の場所ほど除染の効果が少ないことが明らかとなり、除染後も目標値を下回らない例が続出。住民 からは計画通り再除染を求める声が上がっていた。 一方、伊達市や相馬市は住民に個人線量計を配布し、空間線量と実際に浴びた被ばく線量を比較した。環境省がこの数値を分析したところ、空間線量が毎時0.3〜0.6マイクロシーベルトの場所でも住民の追加被ばく線量の実測値はおおむね年間1ミリシーベルトを下回っていた。このため、環境省は「実態に即した対応をする必要がある」と方針転換に踏み切った。【阿部周一、岡田英、渡辺諒】 全文は環境省:除染目安の空間線量を緩和

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | 1 Comment