原発作業員に給食提供 東電がセンター起工式 via 日本経済新聞

 東京電力福島第1原発で働く作業者向けの食事をつくる「福島給食センター」の起工式が29日、福島県大熊町であった。居住制限区域だが日中の立ち入りは可能な大川原地区に建設し、来年4月から給食を提供する。

起工式には大熊町の渡辺利綱町長や石崎芳行・東電福島復興本社代表らが出席。石崎代表は「廃炉作業を安全に進めるために職場環境の改善は大きな課題。給食センターはこの課題をクリアできる」と述べた。

東電によると、原発敷地内で作業する東電社員や協力企業の人員は1日を通して平均4千~5千人。給食センターは2階建て3500平方メートルで、最大3千人分の朝昼夕飯を提供できるという。

続きは原発作業員に給食提供 東電がセンター起工式

関連記事:作業員に温かい食事を 東電が給食センター建設 via msn.産経ニュース

 東京電力福島第1原発で働く作業員の食事を作る東電の「福島給食センター」の起工式が29日、福島県大熊町で行われた。出席した東電福島本社の石崎芳行代表(東電副社長)は「過酷な作業の中で、食事は非常に大事。一人一人に温かい食事を取ってもらいたい」と述べた。

第1原発では、現在1日約5千人が事故収束に当たっている。弁当を持参するなどしているが、休憩場所も十分でなく、厳しい作業が続いている

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 原発作業員に給食提供 東電がセンター起工式 via 日本経済新聞

  1. norma field says:

    食材は検査されたものを使用するのか、気になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.