Skip to content


過小評価分を再測定=ベータ線出す放射性物質—東電 via The Wall Street Journal

 東京電力は7日、福島第1原発で汚染水の放射性物質濃度の一部を過小評価していたとして、測定方法を見直した昨年10月より前のサンプルに関し、 ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質濃度を再測定する方針を示した。

(略)

福島第1では、ストロンチウム90の濃度測定をする機器に設定ミスが発覚。東電は6日、1〜4号機原子炉建屋海側地下水の濃度を過去にさかのぼって再測定したところ、昨年7月に採取した水の濃度が同500万ベクレルと過去最高値だったことが分かったと発表した。

全文は過小評価分を再測定=ベータ線出す放射性物質—東電

当サイト既出関連記事:高濃度計測 公表遅れ次々 福島第一地下水 見込みの10倍も via 東京新聞

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.