Daily Archives: 2014/02/23

洋上被曝の原子力空母への交代――市民団体が強く抗議 via 週刊金曜日

(抜粋) 「原子力空母の母港化を阻止する三浦半島連絡会」によると、「3・11」後の米国による支援として喧伝された「トモダチ作戦」だが、東京電力や日本 政府の誤った情報で洋上被曝し健康を害したとし、米国では当時の乗組員が損害賠償を求める訴訟を提起。8人で提訴した訴訟は昨年3月に126人もの集団訴 訟に発展している。原告らは甲状腺の異常や腸からの出血などの症状を訴えているという。 その原子力空母レーガンへの交代を一方的に発表すること自体が「国民、市民無視だ」とコメントを出したのは「原子力空母の横須賀母港化問題を考え る市民の会」。日本国内で現在稼働中の原子炉は横須賀の原子力空母と原子力潜水艦のみ。横須賀出身の小泉元首相さえ「原発ゼロ」を求めている中、洋上被曝 で訴訟中の問題の空母を配備することは「原発ゼロ」を求める多くの国民への「挑戦」であり、「いまだ継続する被曝の影響、リスクを、基地従業員や周辺の住 民が被ることを意味する」と指摘。共同代表で弁護士の呉東正彦さんは「横須賀市民の住民投票によって民意を問う取り組みを検討していきたい」と話す。 全文は洋上被曝の原子力空母への交代――市民団体が強く抗議

Posted in *日本語 | Tagged , | 4 Comments

汚染水で脆い地盤がユルユル…福島原発“敷地ごと崩壊”危機 via 日刊ゲンダイ

ソチ五輪のお祭りムードを吹き飛ばす驚愕のニュースではないか。福島原発の貯水タンクから高濃度の汚染水100トンが漏水していた問題だ。 事態を20日に公表した東京電力によると、原発敷地内の「H6」というタンク群の1基(容量1000トン)で、ふたと側面の継ぎ目付近から漏水し、周辺 の地面に流れ落ちているのが確認されたという。東電は「海への流出はない」なんてノンキなことを言っているが、冗談ではない。 漏水に含まれる放射性物質のストロンチウム濃度は1リットル当たり2億4000万ベクレルで、国の基準値のナント、400万倍だ。「海に流れていないからOK」で済む話ではないし、敷地の地中に染み込んだこと自体も大問題なのだ。 もともと福島原発の下は大量の地下水でユルユルだという。そこにどんどん水が入れば、プラントはグラグラになってしまう。 「67年に発行された『土木技術』(22巻9、10号)の『福島原子力発電所土木工事の概要』を読むと、福島原発は地下水が豊富で、地盤がもろいかが分か ります。著者は当時の佐伯正治・東電福島原発土木課長で、〈土工事にとって最も重要な問題は排水処理である。当所でもこの問題には大いに悩まされた〉と振 り返り、福島原発の設置工事は湧水続きで難しかったことが記されています。地盤についても〈湿潤化した場合泥土化してゆるくくずれやすくなる〉とも書いて います」(科学ジャーナリスト) (略) 汚染水のダダ漏れで“プールの水位”が上昇を続ければ、ある日突然、福島原発は敷地ごと“崩壊”しかねない。原子炉ごと海に向かって倒れ込み、誰にも制御できないまま沈んでしまう危険性もある。 全文は汚染水で脆い地盤がユルユル…福島原発“敷地ごと崩壊”危機

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | Leave a comment

The Nuclear graveyard: To ‘light up’ our homes, some lives are falling into ‘darkness’ via Hindustan Times

By 2032, India hopes to generate 63 gigawatts of nuclear power that will reduce its dependence on energy and make it self-reliant. Jadugoda, a small township in Jharkhand, where the Uranium Corporation of India Ltd (UCIL) is mining uranium, may … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

放射能不安、韓国で魚離れ 北海道産スケソウの輸出激減、自国産も via 北海道新聞

東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故から間もなく3年。韓国では放射能汚染への懸念が消えず、鍋料理の具材として人気の北海道産生鮮スケソ ウダラの2013年の対韓輸出が、事故前のピーク時と比べて5分の1以下、3700トンまで減った。現状を知ろうと今月上旬に訪れた韓国では、自国産も含 めて水産物消費が激減し、関連業界、業者はあえいでいた。 「原発事故前は北海道のセンテ(生鮮スケソウダラ)はよく売れていたが、いまはどうしても欲しい知人向けに1箱だけ仕入れている。でも、売れないから並 べてはいない」。ソウル最大の鷺梁津(ノリャンジン)水産市場。700店以上の小売り、仲卸店が入る一角で、50代の女性店主はつぶやいた。 特に深刻になったのは昨年8月、1日300トンの汚染水が海へ流出していると大々的に報道された以降。客足は止まり、太刀魚、カレイなど韓国産も売れなくなった。 市場を訪れたソウル市内の主婦パク・ヘギョンさん(55)は事故後、大好きだった生鮮スケソウを買っていない。「日本産は危ないイメージがあって。特に若い人はそうです」 続きは放射能不安、韓国で魚離れ 北海道産スケソウの輸出激減、自国産も

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

山口知事選:自公推薦・村岡氏の初当選確実 via 毎日新聞

 山本繁太郎前知事の病気辞職に伴う山口県知事選は23日投開票され、無所属新人で元総務省企画官の村岡嗣政氏(41)=自民、公明推薦=が、無所 属新人で元衆院議員の高邑勉氏(39)=生活推薦▽共産新人で党県委員の藤井直子氏(61)−−の2人を退け、初当選を確実にした。 (略) 高邑、藤井両氏は、中国電力が進める上関原発計画(同県上関町)の撤回などをアピールしたが、議論は深まらず、山口県の分厚い保守地盤を崩せなかった。 全文は山口知事選:自公推薦・村岡氏の初当選確実

Posted in *日本語 | Tagged , | Leave a comment

推計の難しさ指摘 甲状腺の内部被ばく線量で専門家 via 福島民友

環境省と福島医大、経済協力開発機構・原子力機関(OECD/NEA)が東京都内で開いている集会「放射線と甲状腺がんに関する国際ワークショップ」は2 日目の22日、原発事故に伴う甲状腺の内部被ばく線量などの分科会を開いた。甲状腺の被ばく線量の推計に当たる専門家らは「基になるデータが非常に不足し ている」などと、推計の難しさを口にした。 甲状腺には放射性ヨウ素がたまりやすく、子どもは大人よりも影響を受けやすいとされる。 半減期が短い放射性ヨウ素は現時点で直接測定することはできず、原発事故直後にどれだけ被ばくしたかは当時のデータを基に推計するしかない。 放射線医学総合研究所の栗原治氏は、いわき市などの子ども約千人を対象にした事故直後の検査結果などを基に行った甲状腺被ばく線量推計について発表し 「(基になる)データが少なく、不確かさが残っている。今後精度を上げる必要がある」と述べた。弘前大の床次真司教授は、事故直後に浪江町民らに行った検 査の結果を示したが「検査した人数が少なく、推計を多くの人に適用するのは難しい」と報告した。 続きは推計の難しさ指摘 甲状腺の内部被ばく線量で専門家 関連記事:福島、「事故の影響考えにくい」 甲状腺がん via 47 News

Posted in *日本語 | Tagged , , | Leave a comment

Evacuation Advisory to Be Lifted in Part of Fukushima April 1 via Jiji com

 Fukushima, Feb. 23 (Jiji Press)–An evacuation advisory issued after Japan’s worst nuclear accident will likely be lifted on April 1 in part of the city of Tamura in Fukushima Prefecture, northeastern Japan. The Japanese government explained the plan to lift … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

What to do with a nuclear plant on a fault line via ars technica

The US and Japan take notably different approaches. […] A short article in the American Geophysical Union’s journal EOS looks at how Japan is responding to the revelations that are coming out of Fukushima, and it compares that response to … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

断層上にある原発、日米のリスク評価の違い via Wired

米国地球物理学会の機関誌が、断層上に建つ原発のリスク評価について、日本と米国のアプローチを比較している。 TEXT BY JOHN TIMMER PHOTO BY WIKIMEDIA COMMONS TRANSLATION BY TOMOKO TAKAHASHI, HIROKO GOHARA/GALILEO (抜粋) 1970年代に敦賀発電所が建設されたとき、これらの断層は活断層ではないと考えられていた。しかしその後の研究によって、主断層(浦底断層)は、過去12万年の間に何度も活動していたことが明らかになった。 日本の最新の断層地図では、浦底断層は「活断層」または「活断層の可能性あり」とされている。この調査結果を受けて、大々的な安全性の見直しが行われている。 リスクを評価するため、敷地内のそれぞれの断層を横断する溝(トレンチ)を掘り、堆積物の変化を見ることによって、過去の地震の発生時期を特定する調査(トレンチ調査)が実施された(例えば、地表の堆積物は、直近の大きな地震の直前までは堆積物が連続していたはずだ)。 トレンチ調査の結果、発電所に最も近い複数の小さな方の断層については、少なくとも過去12万年の間は活動しておらず、浦底断層が活動したときも、 連動して動いてはいないことが判明した。またこの調査によって、主断層である浦底断層の詳しい活動履歴がわかったため、今後の安全性評価に役立てることが 可能になった(敦賀半島では、約5km四方の範囲に、商用原発5基、実験炉2基(高速増殖炉「もんじゅ」と、2003年に運転終了した新型転換炉「ふげん」)合計7基の原発が存在し、それら全てが活断層の直近、あるいはすぐそばに立地している)。 EOS誌の記事は、このような日本の安全性評価を、米国で行われてきた安全性評価と比較している。そして、単純に断層を「活断層」と「不活断層」に分けるだけでは、おそらく対策として十分ではない主張しているようだ。 同記事が比較対象に挙げているのは、カリフォルニア州にあるディアブロ・キャ二オン原子力発電所の設置許可だ(同原発は 断層の上に建てられており、近くに別の断層もある。1973年の完成時にはマグニチュード6.75の地震に耐えられるよう設計されていたが、その直後に近 辺に活断層が発見されたため、1976年には、マグニチュード7.5に耐えられるよう改良された。しかし、この改良も不十分として、反対運動が続いてき た)。 全文は 断層上にある原発、日米のリスク評価の違い 英語原文はWhat to do with a nuclear plant on a fault line via … Continue reading

Posted in *日本語 | Tagged , , | Leave a comment

A Japanese Physician Is Encouraging the Evacuation of Tokyo via Vice

[…] VICE: What types of tests have you conducted? Shigeru Mita: I’ve done examinations on more than 1,500 patients. Many of these were children whose parents were worried about their health since the Fukushima meltdown. I asked the patients how they … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment