Skip to content


福島6市町村で年末年始に宿泊 特例で最長15日 via 日本経済新聞

東京電力福島第1原発事故で日中しか滞在できない福島県の避難地域について、政府の原子力災害現地対策本部は29日、年末年始に特例として6市町村で夜間の宿泊を認めると発表した。期間は12月24日から1月7日までの最長14泊15日。

 対象は飯舘村、南相馬市、川内村、葛尾村、川俣町、楢葉町の計約1万210世帯、約2万7150人。南相馬市のうち小高区と楢葉町は今回初めて認められた。

 宿泊できるのは、年間被曝(ひばく)放射線量が20ミリシーベルト以下の避難指示解除準備区域と、20ミリシーベルト超50ミリシーベルト以下の居住制限区域。政府は昨年の年末年始から、大型連休期間に宿泊を認めている。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.