1人が「直ちに2次検査必要」 福島の甲状腺検査でがんの疑い via msn.産経ニュース

 東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行っている甲状腺検査の1次検査で、がんの疑 いがあり「直ちに2次検査が必要」と初めて判定された子供が1人いることが17日、関係者への取材で分かった。18日に報告される。

調査を進めている福島県立医大は「チェルノブイリ原発事故でも甲状腺がんの発見に最短で4年かかった」として、放射線との因果関係は低いとみているが、血液や細胞を調べ、がんかどうか判断する。

1次検査による判定は、しこりの大きさなどを基に、軽い方から「A」「B」「C」があり、今回の1人は「C判定」。

続きは1人が「直ちに2次検査必要」 福島の甲状腺検査でがんの疑い

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.