Daily Archives: 2012/04/10

分断されるコミュニティと 「避難する権利」 via SAFLAN

福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク Save Fukushima Children Lawyers’ Network (SAFLAN:サフラン) 避難を選ぶ子どもと家族にその道を  福島第1原発事故は、極めて広範な放射性物質の飛散をもたらした。政府によれば、1~3号機から放出されたセシウム137の量は広島に投下された原爆の168個分にのぼり、追加被ばく線量が国際放射線防護委員会(ICRP)が定める公衆被ばく限度である年間1mSvを超える土地は、日本の国土の3%に及ぶという。 […] 「避難する権利」の見取図  避難問題は、低線量被ばくの影響に直面した福島の人びとの権利として語られる必要がある。彼ら・彼女たちは、放射線被ばくについて適切な情報を与えられ、避難を選択した場合には必要な支援を受けることができる権利を有する。これを「避難する権利」と名付けよう。その意義を略述すれば、次のようになる。  第一に、避難を選択することは人権である。すなわち、家族の健康を維持し、子どもが安心して発達することができる環境を確保することは、人間の尊厳の根幹に関わる要求であって、国家はこれを最大限尊重するべき義務を負う。  第二に、避難は権利=選択の問題であり、義務ではない。放射線の確率的な影響に対する人びとの対応は多様であることを、正面から承認する必要がある。政府による避難指示は、居住権や財産権への強度の制約であって、濫用されるべきではない。避難は選択の問題であり、避難を選択した者にも、滞在を選択した者にも、相応の合理的な理由があるはずだ。いずれの選択をも尊重し、避難者にも滞在者にも必要な支援が与えられることで、同じ原発事故の被害者である両者間の分断を避けることができよう。  第三に、避難する権利は国家への請求権であり、避難を選択した人びとには、これを可能にするだけの国家による支援がなされる必要がある。避難の選択が、経済的余裕がある一部世帯の特権であってはならない。国際環境NGO FoE Japanと福島老朽化原発を考える会のアンケート調査によれば、避難したくてもできない人の多くが、経済的不安、離職の危険をその理由に挙げている。学校疎開を求める郡山市民の裁判において、郡山市は「子どもには転校の自由があり郡山市には責任がない」と主張しているが、避難希望者の経済的苦境を理解しないものと言わざるを得ない。 続きは分断されるコミュニティと 「避難する権利」

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 2 Comments

Kansai leaders boost pressure against restart via The Japan Times Online

OSAKA — As the central government moves toward a final decision on restarting the Oi No. 3 and No. 4 reactors, Prime Minister Yoshihiko Noda and his Cabinet find themselves in a looming showdown with popular Osaka Mayor Toru Hashimoto … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | 2 Comments

Press Release / プレスリリース公開

The press release for the symposium Atomic Age II: Fukushima is now available via the links below. 『アトミック・エイジII: 福島』のプレスリリースが公開されました。以下のリンクからご覧下さい。 English 日本語

Posted in *English, *日本語 | Tagged , , , , | 2 Comments

原発避難民「働かず、パチンコ店満員」 福島県いわき市長の「正直発言」が波紋 via J-Cast News

「東京電力から賠償金を受け、多くの人が働いていない。パチンコ店もすべて満員だ」。福島県いわき市の渡辺敬夫市長が、原発事故で市内に避難してい る人たちについて記者団にこう述べたと、地元紙に報じられた。これに対し、避難民側の町役場では、働かないのには事情があると説明している。週刊誌などで報道されていたことを、渡辺敬夫市長がある程度認めた形になった。 (中略) 渡辺市長らの指摘について、大熊町の災害対策本部では、こう説明する。 「4、50歳以上になると、ほとんど仕事がないんですよ。アルバイトぐらいしかないのに、働けば、失業保険も切られてしまいま す。これでは、生活費が出ない人が多いんです。パチンコの話は確かに聞きますが、ほかに何もできないこともあるのでは。やはり、国には、新たな就業の場を 作るなど被災者対策をしっかりやってほしいですね」 全文は原発避難民「働かず、パチンコ店満員」 福島県いわき市長の「正直発言」が波紋

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 2 Comments

Sri Lanka to move IAEA over nuke plants in Tamil Nadu via India Today

Nuclear plants near India’s southern tip have sparked tremors of concern across the Palk Strait. Sri Lanka on Monday said it was planning to move the global atomic watchdog International Atomic Energy Agency (IAEA) over the possible threat radiation from … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 2 Comments

UK firms could assist Fukushima clean up via Department of Energy and Climate Change

The UK and Japan today agreed a Framework on Civil Nuclear Cooperation, providing the basis for UK companies to engage in multi-billion pound decommissioning opportunities in Japan. Announced as part of Prime Minister David Cameron’s first official visit to Japan, … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , | 3 Comments

World is ignoring most important lesson from Fukushima nuclear disaster via Christian Science Monitor

Fukushima’s most important lesson is this: Probability theory (that disaster is unlikely) failed us. If you have made assumptions, you are not prepared. Nuclear power plants should have multiple, reliable ways to cool reactors. Any nuclear plant that doesn’t heed this lesson is … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 2 Comments

Fukushima radiation found in California kelp via SFGate

Kelp off California was contaminated with short-lived radioisotopes a month after Japan’s Fukushima Dai-ichi nuclear plant accident, a sign that the spilled radiation reached the state’s coastline, according to a new scientific study. Scientists from CSU Long Beach tested giant … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 4 Comments