Skip to content


六ケ所・再処理工場で溶融炉の熱上げ開始 via デーリー東北

(2012/01/11)  六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で2008年12月から中断しているガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)の製造試験について、日本原燃は10日、 固化体を製造する溶融炉の熱上げを開始したと発表した。約2週間かけて温度を千度以上に上げ、今月下旬にも3年ぶりの試験再開に踏み切る。国が核燃料サイ クルの見直し議論を進める中での実施。結果次第では中止論が加速しかねない状況にあり、原燃にとっては〝背水の陣〟で臨む3度目の試験再開となる。
ガラス固化体の製造試験は再処理工場の完成に向けた最終段階で、07年11月に開始。だが、技術的な課題を解決できないまま周辺でも多くのトラブルを起こし、中断を繰り返してきた。08年12月からの3度目の中断は、3年に及んでいる。

続きは六ケ所・再処理工場で溶融炉の熱上げ開始

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.