全国からツバメの巣集め原発影響調査 山階鳥類研究所 via Yahoo! ニュース

東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質が生態系に及ぼす影響を調べるため、山階鳥類研究所(千葉県)が、全国からツバメの巣を集めている。
 ツバメは、放射性物質がたまりやすい水たまりの泥などで巣を作る。鳥類は食物連鎖の上位にあり、餌を通じ高い被ばくをする可能性もあるため、個体に異常がないかの調査も検討している。

続きは 全国からツバメの巣集め原発影響調査 山階鳥類研究所

◇関連サイト
University of South Carolina Chernobyl Research Initiative (Timothy Mousseau)

This entry was posted in *English, *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *