年間20ミリシーベルト「発がんリスク低い」 政府見解 via朝日新聞

 

低い放射線量を長期間浴びた影響をめぐり、内閣府の有識者会議は15日、年間20ミリシーベルトの放射線量を避難区域の設定基準としたことの妥当性を認める報告書をまとめた。そのうえで、線量を少なくするよう除染の努力を要請。子どもの生活環境の除染を優先することも提言した。

年間20ミリシーベルトを被曝した場合の影響は、「健康リスクは他の発がん要因と比べても低い」と明記。「単純に比較することは必ずしも適切ではない」とことわりながら、「喫煙は(年間)1千~2千ミリシーベルト、肥満は200~500ミリシーベルト、野菜不足や受動喫煙は100~200ミリシーベルトのリスクと同等」などといった目安を例示した。また、一度の被曝より長期間にわたって累積で同じ線量を浴びた方が「発がんリスクはより小さい」との考えを示した。

続きは 年間20ミリシーベルト「発がんリスク低い」 政府見解

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 年間20ミリシーベルト「発がんリスク低い」 政府見解 via朝日新聞

  1. mfisch says:

    政府の見解は信じ難く、『内閣府の有識者』というのも漠然としていて誰が何を言っているのか明確でない。

Leave a Reply

Your email address will not be published.