小中学生の被ばく 最大月450マイクロシーベルトに via Kahoku Online Network

郡山

 福島県郡山市内に住む小中学生が10~11月の約1カ月間に受けた積算放射線量が、最大で450マイクロシーベルトに達していたことが8日、同市教委の調査で明らかになった。市教委は「健康に影響を与えるレベルではない」と話しているが、単純に年間の積算値として換算すると、最大約5ミリシーベルトの被ばく量になる。

調査結果によると、この期間の積算線量は10~450マイクロシーベルトになり、平均は120マイクロシーベルト。全体の約6割に当たる1万5666人が、100~190マイクロシーベルトだった。120マイクロシーベルトを年間積算すると、一般の人の年間線量限度(1ミリシーベルト)を超える計算になる。

続きは 小中学生の被ばく 最大月450マイクロシーベルトに

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 小中学生の被ばく 最大月450マイクロシーベルトに via Kahoku Online Network

  1. norma field says:

    またまたあの聞き飽きた台詞が出てますね。「健康に影響を与えるレベルではない。」いつまで大人が臆面もなく繰り返せるのでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.