Skip to content


福島第1原発:10メートル超津波 東電、直前に試算報告 via mainichi.jp

東京電力は24日、「福島第1原発に10メートルを超える津波が押し寄せる可能性がある」との試算結果を08年4~5月にまとめていたことを明らか にした。しかし「評価の必要がある」として具体的な対策を取らず、経済産業省原子力安全・保安院に報告したのも事故直前の今年3月7日だった。これらの事 実を東電も保安院も公表せず、10メートルを超す3月11日の津波について「想定外だった」との説明を繰り返していた。試算は06年の原発耐震設計審査指針改定に伴い、保安院が指示した再評価作業の一環。東電は、政府の地震調査研究推進本部の見解に基づき、三陸沖 から房総沖で明治三陸地震(1896年)並みの地震(マグニチュード8.3)が起きたと想定した。その結果、福島第1原発に到達する津波は▽5、6号機が 10.2メートル▽1~4号機が8.4~9.3メートル▽防波堤南側で15.7メートルなどと推定された。

続きは福島第1原発:10メートル超津波 東電、直前に試算報告

◇ 当サイト既出英文記事:

Japan says operator of nuclear plant knew massive tsunami was possible via Winnipeg Free Press

Posted in *English, *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion

  1. The Atomic Age » Japan says operator of nuclear plant knew massive tsunami was possible via Winnipeg Free Press linked to this post on 2011/08/24

    [...] ・福島第1原発:10メートル超津波 東電、直前に試算報告 via mainichi.jp [...]



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.