Skip to content


ロス近郊に放射性セシウム 半世紀前の溶融事故跡 除染の難しさ浮き彫り via MSN産経ニュース

1959年に実験用原子炉内で燃料溶融事故を起こした米ロサンゼルス近郊の核施設「サンタスザーナ野外研究所」の跡地で、自然界に存在するより高い濃度の放射性セシウムが今年に入って検出されたことが12日分かった。米環境保護局(EPA)当局者が明らかにした。

続きは ロス近郊に放射性セシウム 半世紀前の溶融事故跡 除染の難しさ浮き彫り

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.