Skip to content


泊原発3号機:最終検査終了 営業運転再開に抗議の声も via mainichi.jp

経済産業省原子力安全・保安院は10日、定期検査の最終段階に当たる調整運転を約5カ月間続けていた北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)の最終検査を終了した。11日に検査結果を内閣府原子力安全委員会が審査した上で、同省が営業運転の再開を判断する。

北電によると、同社は9日、保安院の指示を受けて最終検査を申請。同日午後から保安院の担当者が検査を実施し、10日午後6時に終了した。安全委 員会の審査後、同省から検査終了証を交付されれば、東京電力福島第1原発事故後に再開される、初の営業運転となる。寺坂信昭保安院長は10日の記者会見で 「(安全委の審査を経ることで)より一層の安全確保、信頼向上につなげたい」と述べた。

続きは泊原発3号機:最終検査終了 営業運転再開に抗議の声も

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.